新入社員が辞めない社員教育とは?

伸び伸びと仕事に取り組める環境を作る

新入社員は今後の会社の命運を握っている存在なので、採用したからには長く勤めてもらえるように努力しなければなりません。そのため、現状の社員教育の見直しを実施し、最適な内容にすることが大事です。
新入社員が辞めない社員教育として意識したいことは、伸び伸びと仕事に取り組める環境を作ることです。最初から型にはめてしまうと堅苦しさを感じさせてしまう場合があり、辞めたいと考えてしまう理由になります。
そのため、仕事はできるだけ伸び伸びできるように会社側としては環境作りに力を入れるべきです。ただ、伸び伸びと仕事をしてもらうことと怠けることや適当にやることは異なるため、その辺は上司や人事がきちんと目を光らせておく必要があります。

わからないことは何でも質問してもらう

貴重な人材の新入社員を辞めさせないためには、わからないことは何でも質問してもらうように社員教育の中で伝えておきましょう。仕事でわからないことがあった場合、自分で調べて解決することは非常に重要です。
しかし、間違った方法で仕事を進めてしまい、ミスが発生して気分を落ち込ませてしまうと、仕事を続けるモチベーションが低下する可能性があります。この状況を防ぐためには、わからないことは何でも質問してもらえるようにするしかないです。
仮に質問された場合は、理解するまで何回も丁寧に教えるようにしましょう。新入社員なので理解してもらうことは難しいですが、中途半端な知識や経験をしてもらうよりは、しっかりと教育した方が戦力になります。