パワハラ社員を発生させない社員教育の極意

パワハラ社員には種類がある

会社の中でパワハラが発生すると、会社全体の雰囲気が悪くなるだけでなく、業務の効率化を下げてしまい、時には会社の信用の失墜を招くことにもなります。そのような状況にならないためにも、全社員への教育が大切です。

パワハラは「精神的な攻撃」「身体的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過大乃至は過小な要求」「プライベートな攻撃」の5つに分ける事ができます。これらの攻撃を部下や同僚に対して行うだけでなく、逆に部下から上司に対して行うこともパワハラとなります。最近ではパワハラが原因でうつ病に陥ったり、裁判を起こしたりと社会問題としても認知されるようになってきました。

パワハラは加害者自信がパワハラ行為を行っているという自覚がないことも多いため、社員養育の徹底さが求められます。

効果的な社員教育とは

多くの企業がパワハラ研修で事例を交えた資料を使用して従業員へ研修しています。

業務に直接関係ない研修のため、パワハラの研修を受けることに対して好意的でない人もいることは事実です。しかし、忙しいからと言って受けさせないことはいけません。社員全員に対して研修を受けさせることが大切です。

多くの人はパワハラを起こさないと自分とは無関係のように感じていますが、この研修を受けることによって自分で自分の身を守るということを理解させることから始めると研修で効果が上がります。

仕事の教育の一環と加害者は思っているかもしれませんが、被害者にとっては計り知れない心の傷を負っている可能性があります。また、知らないうちに自分が加害者になっている場合もあり、いつの間にか訴えられたということもあり得ます。社員全員がこのような状況にいつでも直面するという意識を持たせることが重要です。